使用する場面を考えた2タイプの名刺印刷

名刺印刷は使う場面を考えて

ビジネスマンの象徴とも言えるものが、名刺です。自分だけの名刺を持っておけば、様々な場面で活用できるようになるでしょう。しかし、使う場面をきちんと考えて作られていない名刺は、その場面にそぐわない可能性があります。そこで、名刺印刷は使う場面を考えて行うようにしましょう。
まず注意したいのが、書体です。書体はその文字のバランス、印象を決定づける非常に重要な役割を果すため、ここを無視して名刺印刷することはできません。基本的に、楷書で書かれている名刺はフォーマルな名刺として認識されやすく、それ以外の名刺は様々な場面で使用されています。とりあえず会社で使うような名刺なら、この楷書で問題ないでしょう。
あとは、フォントの問題もあります。フォントに良し悪しはありませんが、どこで使うかによって印象に大きく違いが生まれることは間違いありません。丸まったフォントはカジュアルなイメージを、角ばったフォントはフォーマルな印象を与えるため、使う場面をイメージして印刷しましょう。何百枚と刷られていく名刺ですが、最初から完成されているわけではありません。こうした使う場面、与える印象などを考えて刷られているため、しっかりと考えて印刷しましょう。

印刷には2つの方法がある

名刺印刷をする方法は大きく分けて2つのパターンがあります。ひとつは自分で印刷する方法、もうひとつは印刷業者にオーダーする方法です。自分で印刷するメリットは、なんといっても印刷費用が安く済むことです。時間がかからないので急ぎの人はこの方法を選ぶと良いでしょう。ただ、慣れていない人が手掛けると、いかにも素人が作ったとなるのがデメリットです。素人っぽくならないように、いろいろなデザインを研究してセンスを磨くと良いでしょう。
印刷業者で依頼するメリットは、プロが手掛けることで質の高いデザインが完成することです。構成やバランス、文字の間隔などもすべて慣れているので美しく仕上がります。ただ自分で印刷する方法に比べると費用がかかるのがデメリットです。少し費用が高くてもきれいに仕上げたいと望む人は、この方法をセレクトしましょう。また、名刺は紙でなければならないという規則はありません。プラスチックや木材などさまざまな素材があり、それぞれの特徴があります。プラスチックは、防水性に優れていること、破れにくいのも利点です。また、木材はぬくもりがあり、スタイリッシュな見ためで名刺で個性を出したい人におすすめです。

list

calendar

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

recent news

ニーズに合わせた名刺デザインとタイプ

納品スピードと名刺印刷 社会人には欠かせない名刺ですが、一枚用意すれば良いものでもありません。何人もの人に…

more

高級な社章の名刺印刷

名刺デザインでは手書き欄を意識した設定を 名刺デザインも昔なら、白い上質用紙に、シンプルに、本社や所属支社…

more

使用する場面を考えた2タイプの名刺印刷

名刺印刷は使う場面を考えて ビジネスマンの象徴とも言えるものが、名刺です。自分だけの名刺を持っておけば、様…

more

デザインでアピールできる名刺

名刺印刷はいろいろなタイプに対応 名刺印刷を利用すれば色々なタイプの名刺を作ることができます。名刺は渡す相…

more